FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
This is Denkodo calling
先日、高校時代の友人と久しぶり飲んで昔話をしていたら、クラッシュのアルバム「ロンドン・コーリング」が話題に上りました。アメリカでは1980年1月の第1週にリリースされたそうですから、間もなく発売36周年を迎えるんですね。いやー、僕らの青春時代はそんなに昔だったか。ちょっとびっくりだなあ。

その友人がいたバンドのライブチケットを作った際は、会場の名をもじって「デンコードー・コーリング」なんてタイトルを入れたもんです。ただし、彼らが演ってたのはクラッシュじゃなくてポリスだったと思いますけど。そう言えば、サッカー部の幽霊部員だったクラスメイトとロック喫茶に行って「ロンドン・コーリング」をリクエストしたら、イントロを聴いた他校の生徒に「何コレ、応援歌みたい」と笑われたこともあったような…。

高校時代のくだらない思い出話はさておき、その「ロンドン・コーリング」のジャケットは実に衝撃的でした。その頃は写真より音楽に傾倒してたんですが、ロッキン・オンに掲載された斉藤陽一さんのモノクロ写真のカッコよさに魅かれ、真似をしてトライXの増感撮影なんぞに挑戦したこともありました。それで「ロンドン・コーリング」のジャケット写真は誰が撮影したのかと調べてみたら、ペニー・スミスという女流写真家の作品であることが分かった次第。


https://en.wikipedia.org/wiki/Pennie_Smith

ペニーさんは70年代にレッドツェッペリンのツアーの模様を撮影し、80年代にはNME(New Musical Express)という有名な音楽誌のカメラマンもしていたようです。彼女が撮影したのはクラッシュのほか、ローリング・ストーンズ、フー、デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップ、ジャム、スージー・スー、デボラ・ハリー、U2、モリッシー、ストーン・ローゼズ、プライマル・スクリーム、レディオヘッド、ブラー、オアシスなど多数。モノクロの作品が主体らしいです。

名前が似ているパティ・スミスの「ホーセス」も彼女の作品かと思ったのですが、考えてみたらあれはロバート・メイプルソープ(故人)の撮影でした。2人は共に無名だった頃から親しい間柄だったので、当たり前といえば当たり前ですね。メイプルソープの作品も斉藤さんの作品も基本的に同系列ですから、私の好きな写真ってのはどうやらそっち方面ってことなんでしょう。

http://www.mapplethorpe.org/


ちなみにペニーさんが「ロンドン・コーリング」のジャケット写真を撮影したカメラはペンタックスのESII。ポール・シムノンが叩きつけたベースが自分に当たるのを恐れて後ろに下がり、ピンボケ気味になってしまったのだとか。しかし、作品をいたく気に入ったジョー・ストラマー(故人)が「ピンが合ってない」と難色を示す彼女を説得し、ジャケットに採用したという伝説があるそうです。

ESII

ついでに調べてみたら、「ロンドン・コーリング」のジャケット写真はネットで購入できるみたいです。1枚4000ポンドってことは、日本円に換算すると70万円ちょっとですか。歴史的名盤に使われた生写真(16×20インチ=概ね40×50センチ)の値段がプロ用デジカメ1台分相当と考えたら…まあ、妥当なのかなあ。うーん。

一方、同じくジャケットになったデボラ・ハリーの写真は485ポンド〜1700ポンドと幾分お安めなのですが、それでもミラーレス一眼の最新機種やフルサイズ一眼のエントリー機種を余裕で買えるくらいはします。購入ボタンを押すときは、ちょっと気合いを入れて「ポチッ」とやってください。

https://www.proudonline.co.uk/p/160/pennie-smith


   
期待外れ
星形の絞りを仕込んだインダスター50-2で、秋田駅西口やエリアなかいちのイルミネーションを撮影してみました。このレンズの最短撮影距離は65センチで被写体に寄れず、M3/4規格のカメラに装着すると焦点距離がフルサイズ換算で100mm相当の望遠になります。背景をぼかすには良いのでしょうが、街中でのスナップには使いにくいことこの上なし。構図をよくよく考えて撮らないと背景のボケも生きてきません。

とりあえず、星形のボケが現れた写真の中から1枚をアップ。何だかなあ…と凹むくらいの出来栄えで、自分のセンスと腕に失望せざるを得ない作品なのでした。



(E-PL6 + INDUSTAR 50-2/F3.5)


Godzilla
男鹿の新名所となって久しい通称・ゴジラ岩。全体がゴジラのような造形をしているわけではなく、特定の角度から見るとそれっぽく見えるだけです。



ちなみに、正面に回り込んで見上げるとこんな感じ。



何にも似ていない、単なる岩の塊なのでした。どこがどうなってあの形に見えるのか不思議ですね。ちなみに、写真がおどろおどろしいのはE-PL6内蔵のアートフィルター(ドラマチックトーンだったかな?)を使用したためです。

ゴジラ好きはぜひ、どの角度から見たらいちばんゴジラっぽいのか現地で確認してみてください。写真を撮影する場合ですけれども、夕日を背景にするのが定番らしいですよ。ただし、足場の悪い場所なので暗くなる前に撤収したほうがいいでしょう。

なお、場所はこちらになります。



 
Twincle Little Star
ロシア製のインダスター61L/Zは、六芒星のようなボケが浮かぶことで有名な標準レンズです。カールツアイスのテッサーを模倣したレンズで、ある程度絞り込むと羽根が奇妙な六角形を作り、アウトフォーカス部にある光点が星形にボケる―という現象が起きます。

機会があれば手に入れたいと思っていた1本なのですが、ロシアの廉価版レンスの割に意外と高い(といっても1万円前後)。それならばと、同じテッサーのバクリ製品で安価なインダスター50-2(写真下)の後端に星形の穴を開けたフィルターを貼りつけ、同じようにボケるかどうか試してみようと思った次第。



「できるかな♪」のノリで作業を開始、10分後に出来上がったモノが下の写真。残念ながら六芒星(いわゆるダビデの星型)のクラフトポンチはネットでも見つからず、100円ショップで手に入る五芒星のクラフトポンチによる製作となってしまいました。ちょっと形は違いますが、クリスマスの時期にライトアップの様子なんぞを撮ったらちょうど良さそうです。



何ごとかと思えば
ブログのアクセス数が前触れもなく狂ったように跳ね上がったので、何ごとが起きたのかと思って調べてみたところ、10月30日正午過ぎの集中的かつ大量のアクセスが原因でした。

閲覧された記事に脈絡はなく、検索ワードや訪問の理由もまったく不明。普段は生ログを見たりすることはないのですが、不安になってアクセスが集中した時間帯をチェック。記録されたIPを頼りに検索をかけた結果、イスラエルからのDoSアタックであろうという結論に達した次第。

先日、イルカ・クジラ漁に反対する国際的ハッカー集団・アノニマスが日本のサイトへの攻撃を予告していましたが、ひょっとしてその筋の方々の仕業でしょうか。…まさかね。いずれにしても、ウチはイルカやクジラと何の関係もないので念のため。なおかつメディアとしての発信力はすこぶる弱く、このブログに至っては単なる落書き帖です。

仮に…ですが、DoS攻撃でこのブログのサーバが落ちたとしてもウチは誰ひとり困りません。いえ、1日2日は気付きもしません(同じサーバを使ってる他のユーザーさんは別ですよ、もちろん)。編集部はアクセスが増えると「ひょっとして何か炎上するようなことを書いたかしら」と心配するような小心者の集まりにつき、そういうイタズラはなるべく勘弁してください。