FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 感動 | main | 佐竹城下を歩く5 - 柴の渡し - その1 >>
「セリオンリスタ」で、一足お先に春の花々を楽しみました!
先日、好天に誘われて、土崎港にある「セリオンリスタ」ヘ。 よちよち歩きの小さな子どもたちや、見守る親たちの楽しそうな姿は、 童謡「春よこい」(♪…歩きはじめたミイちゃんが…)そのまま。

枯れた流れの傍に、黄色く丸い小手鞠のような花が咲いています。 木はかなり大きく、葉っぱは小さく分かれており、その根本には、 「ギンヨウアカシア」と、名が記されていました。



次に見つけたのは、うす桃色の花がいっぱいに咲き誇る樹の姿。 ぽっちゃりした感じの花々を、たっぷりとつけて枝垂れる豊満な姿。 名は姿そのまま「シダレウメ」だそうです。



その近くには、見上げるように大きく育った、幹が真っ白な巨木。 幹にはボコボコとひび割れたような穴があり、つやつやと光る堅い葉、 花はおなじみの真っ赤な椿。そう「ヤブツバキ」です。



そして、清楚な感じの白い花を、美しく咲かせた樹も見つけて、 すぐ何枚か撮影しましたが、春にはごくおなじみの花とあなどり? うっかり、この花の名前は、確認を忘れてしまいました。