FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 何ごとかと思えば | main | Godzilla >>
Twincle Little Star
ロシア製のインダスター61L/Zは、六芒星のようなボケが浮かぶことで有名な標準レンズです。カールツアイスのテッサーを模倣したレンズで、ある程度絞り込むと羽根が奇妙な六角形を作り、アウトフォーカス部にある光点が星形にボケる―という現象が起きます。

機会があれば手に入れたいと思っていた1本なのですが、ロシアの廉価版レンスの割に意外と高い(といっても1万円前後)。それならばと、同じテッサーのバクリ製品で安価なインダスター50-2(写真下)の後端に星形の穴を開けたフィルターを貼りつけ、同じようにボケるかどうか試してみようと思った次第。



「できるかな♪」のノリで作業を開始、10分後に出来上がったモノが下の写真。残念ながら六芒星(いわゆるダビデの星型)のクラフトポンチはネットでも見つからず、100円ショップで手に入る五芒星のクラフトポンチによる製作となってしまいました。ちょっと形は違いますが、クリスマスの時期にライトアップの様子なんぞを撮ったらちょうど良さそうです。