FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 蓮根(レンコン)絞り | main | 再挑戦 >>
予想通り
例の蓮根(レンコン)絞りレンズを使ってみました。光学の「コ」の字も知らない人間が思い付きで自作したレンズですから、まともには写るまいと思っていましたが、結果を見るとその予想は見事に的中しちゃったなという感じです。昨日はいささか飲み過ぎて体調が今ひとつだったこともあり、撮影した画像の気色悪いボケを見たら頭がクラクラしてきた次第。やれやれ。




(以上、E-PL1にて撮影/ブルーメッセあきた/クリックで拡大します)

調べてみたら、前カブセ式のイマゴンは1群2枚という構成のレンズのようです。感覚的には、ベス単みたいなレンズの前に蓮根風の穴開きフィルターを置くようなものでしょうかね。そんなことをぼんやり考えていたら、知り合いの飲み屋さんに以前、不動品のベストポケット・コダック(Vest Pocket Kodakをプレゼントしたのを思い出しました。

ちなみに、下の写真がその現物。コレって実は今からおよそ100年前のカメラなんです。



古いには古いのですが、数が出ているので骨董的価値はほとんどありません。とはいっても、レンズの部分だけちょっと貸してくれ…とは今さらお願いできませんよね。