FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 帯に短しタスキに… | main | 玩具という言い訳 >>
延長15回

延長15回の接戦を制し、甲子園行きの切符を手にしたのは秋田商業高校でした。写真は8回裏、1点リードの角館高校に追いついた秋田商業4番・斉藤選手(たぶん)の1打。

今回はカメラの電池切れにより、試合途中から例のネオ一眼(HS30EXR)を引っ張り出しました。案の定、シャッターのタイムラグが大き過ぎてとても使えたものではありません。何百枚も撮影し、バットがボールをとらえた瞬間が映っていたのはこの1枚のみ。おそらく、ピッチャーが投げたのと同時にシャッターを押し、たまたまこのタイミングだったと思います。

やっぱり、ネオ一眼でスポーツを撮るのは難しいですねぇ。