FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 虹伝説 | main | 謝罪のお言葉 >>
身の丈に合わせる

Windows8が発売されるという時期にこんなネタは何ですが、富士通のFMV-BIBLO NF40WにWindowsXPを無理やり導入してみました。「デフォルトのVistaは重くてとても使えたもんじゃない。でも、XPのインストールは可能なの?」とおっしゃる方に朗報です。ネットでいくらXP化の情報を探しても、まったくヒットしなかったでしょう?実は私もそれで半ば諦めていました。

正解は「XP化は可能」です。チップセット(INTEL 943GML Express) のXP用グラフィックス・メディア・アクセラレーター統合ドライバと富士通が提供しているNF40W用Vistaドライバ、系列モデルNF40T用XPドライバで概ね対応できます。下2つの「不明なデバイス」はそれでも残りますが、そのプロパティを調べてネットで検索すると、解決方法が分かるはずです。

その1

この最後の難関をクリアできれば、XP(SP2)のインストール直後にデバイス・マネージャーで確認した際、山ほどあった「?」は完全消滅します。

その3

キーボード左上の4つのワンタッチボタンのうちSupport/Mailの2つはどう足掻いても設定できませんでしたが、なくてもいいものなので無視しましょう。いちばん厄介と思われた指紋認証やSDカード用リーダ&ライターがちゃんと機能するだけで個人的には十分満足。おそらくNF40Wのみならず、NF40UもXP化できると思います。

その2

なお、XPをインストールする前にBIOSを開いてAHCIをIDE互換モードにするのをお忘れなく。NF40WはHDDがSATAなので、設定がデフォルトのままだとXPインストールの最初の段階でほぼ間違いなくエラーを吐いて先に進めません。

いやー、VistaをXPに変えただけで鈍重なNF40Wがサクサク動作するとは想像もしていませんでした。OSが1世代前になると、見違えるくらい速くなるんですねえ。たぶん、手持ちのノートの中では最速のレベルでしょう。

メモリをメーカー公称の最大値2GBに増設、HDDを新しいものに交換したら爆速ノートに生まれ変わるかもしれません。調べてみたらCPUもCore2Duoに換装できそうだし、まだまだイジれそうな予感がします(ただしそこまではやりません、たぶん)。

しかし、メーカーは何を考えてXP時代のローエンドPCに無理やりVistaを載せたものやら。しかも、当初はメモリが512MBなんてモデルもありましたからね(ベッドの脇でDVDマシンと化したLOOX T50Uが正にそうでした)。ユーザーの視点に立って身の丈ってものを最初に考えてくれていたら、OSが重くてまともに動かないPCが市場に出回るわけなどないと思うんですけれども…。


※NF40WをXP化する際の参考URL(作業はすべて自己責任で)

●インテル
http://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?agr=Y&DwnldID=16835&lang=jpn&wapkw=943gml+xp

●富士通
https://azby.fmworld.net/app/customer/select/view/select_model.vhtml

NF40W用Vista(Home)ドライバ、NF40T用XPドライバをそれぞれ落としてください。うろ覚えですが、Vistaドライバが当たらないデバイスのみXPドライバを使います。サウンドに関してはRealtek High Definition Audio Codecs 2000/XPってドライバをどこかで拾ってきたような記憶があります(ただし、今となっては定かではありません)。

最後まで残る2つはいったい何のデバイスかよく分かりませんでしたが、プロパティにある文字列「FUJ02B1」と「FUJ02E」をそれぞれ検索しましょう。富士通のシンガポールあたりの現地法人サイトにドライバがあると思います。