FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 頬に微熱、瞳に夢を | main | 虹伝説 >>
革命の紫煙
3時間ほど前、酔って立ち寄ったコンビニで見つけて購入。無添加・無香料だそうです。このタバコ、「Che blanco」のパッケージは3色(黒・赤・白)あり、白のこちらはタールが3mg、ニコチンが0.3mgだとか。メーカーはナチュラル志向のライトな製品だと強調していますが、吸って体にいいことはひとつもありません。

それでも、気持ちだけ健康志向の革命家にはオススメしたい一品です。何をするにしても健康が第一ですし、権力相手に戦う革命家なら尚さらでしょうから。ちなみに、味わいはいかにも「タバコ」らしくて好印象。反面、気になったのは製造元。パッケージを舐め回すように見たのに、製造国の表記がどこにもないのはかなり不気味です。

お値段は410円。愛煙家が政治不信をさりげなく表明したいとき、このタバコは打ってつけの小道具になるでしょう。