FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012年6月15日号の紙面 | main | 2012年6月22日号の紙面 >>
M3/4で遊ぶ

ひょんなことから、マイクロフォーサーズ(M3/4)機のオリンパスE-PL1を入手。レンズをどうしようかと考えた結果、純正品の購入を見送り、安物コンパーターをかましてM42レンズで遊ぶことにしました。というわけで、装着したのは旭光学製のタクマー55mm/F1.8とロシア製のインダスター50mm/F3.5、初レリーズを押した場所はいつもの公園です。

下の画像はたぶん、どちらもタクマーで撮影したものでしょう。

友誼亭

花壇

30分ほどシャッターを切った結論は、「背面液晶の画面を拡大する機能はありがたいけれど、それでもピント合わせは楽じゃない」。そして、「外付けの液晶ビューファインダーと24mmくらいの超広角レンズ、ついでにマクロレンズがあればもっと面白いかもなあ」。

純正のAFレンズは高い、それなら手持ちの古いMFレンズを取り付け、お金をかけずにたっぷり楽しもう―という目論見は、初日にあっさり崩れてしましました。ええ、もちろんこれ以上余計なものは買いやしませんけどね。当分は悪戦苦闘しながらピンを合わせるとしましょう。

induster 50mm F3.5