FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 定年とマラソン | main | 第2の人生 >>
金環日食

太陽観察用の黒い下敷き(露出倍数100000倍相当)を望遠レンズの前面に取り付け、金環日食を撮影。幸い空には雲ひとつなく、およそ1時間半に及んだ天体ショーを楽しみました。

残念なのは、写した像が2重になってしまったこと。三脚を立てたので、手ぶれの可能性は低そうです。2線ボケみたいに見えるところからして、下敷きやレンズ、絞り、フォーカスを含めた光学系の設定に何か理由があるのかもしれません。何せ下敷きは200円もしないシロモノ、取り付けも適当で微妙にたわんでおり、事前の準備も何もないぶっつけ本番でしたから…。

次に国内で金環日食が観察できるのは18年後、2030年の6月1日だとか。もし、しぶとく生きていたらリトライです。

金環日食_秋田市

ところで、長年にわたって営業と編集を担当していた先輩の(兵)さんが明日で定年退職を迎えます。バイタリティー豊かな方なので、新しい分野でもきっと活躍されることでしょう。長い間、お世話になりました。