FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 500円のAMラジオ | main | 佐竹城下を歩く1 -油田街道- その1 >>
んッ、オザワ種発見か!?


2月4日立春、仕事で秋田運河に架かる新城橋を渡る車窓から、冬鳥の群れを見つけました。今年は、鳥インフルのためエサやりができず?雄物川の秋田大橋付近ではあまり見ないな!思わず車を降りスナップ。

遠いので、10倍ズームで被写体を引き寄せて撮影。おや?中央で羽づくろいの1羽が、ほかの白鳥と違うようです。何やら、白い部分と灰色の部分がまだらに見えます。

そのうち、この1羽が羽ばたき。両羽を閉じる瞬間にシャッターが切れました。広げた羽の裏側は、白くなっているのが分かります。

その後、仲間も現れてどうやらまだら模様は、1羽でなくトリオのよう。仲間がいてよかったね!3羽揃って、泳いでいきます。

やがて、1羽が浅瀬に上がり、立っています。うーん、やはり、ほかとは違って首の色がかなり黒っぽく見え、私には、初めて見る鳥です。


右手がおなじみ白鳥。左にいるのが異色トリオ。野鳥に詳しくないため、あるいは成長過程では、ごく当り前で珍しくない光景なのかも?

人間界には白かクロか、一向にハッキリしない、灰色高官なるものがいて、世を騒がせております。この鳥たちを名づけて、オザワ種などと呼んだらトリオにとっては、さぞ迷惑なことでしょうね。