FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いんげん | main | ゴーヤの花 >>
佐竹城下を歩く22 - 根小屋町 -

 
      ▲秋田市西根小屋町の街並み(中通小学校の西側)。


 ▲矢印が写真の撮影場所 大きな地図で見る

根小屋とは本城と城下の町を結ぶ中間にあって、城の山麓に作られた武士団の家屋敷の集落で城郭の一部である。それが地名となった。

関東・中部地方にあって、西日本・東北地方にはない。南九州の「麓」、東北地方の「館巡(たちめぐ)り」などが根小屋に相当する。

奥羽山間に残る「根小屋」「寝小屋」の地名は、木の根の加工の作業所、炭焼きのために泊まる小屋が由来である。秋田市の根小屋町名も同じと信じている人もいるが間違いである。

根小屋は佐竹の前任地・常陸に多い。中でも、片野村の根小屋が有名である。片野城は根小屋にあった。

永禄年間(1558〜1570年)に太田資正が造った城で、根小屋(後に片野村から分村)の地名の由来もそれに因るという。

石塚義辰はそこの城主であった。彼は窪田で自分の住む町を根小屋町と名付けたかもしれない。それは常陸への郷愁と、「我が家こそ佐竹を守る根小屋なり」という自負からだろうか。石塚屋敷は中土橋を守る広小路と東根小屋町の角である。

義辰の旧領・石塚村にも根小屋川や根小屋橋といった名称が今も残っている。

【歴史作家・土居輝雄】

※土居さんの「佐竹城下を歩く」は週刊アキタに好評連載中。