FROM:Weekly Akita Press Editorial Room
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
第2の人生
 

写真は、定年退職で週刊アキタの社員の皆さんからいただいたお花のプレゼント。    

社内では笑ったり泣いたりけんかしたりといろいろありました。皆さんの人生のプラスに少しはなれたのだろうかと自問自答しています。

今まで猛スピードで走り続けてきましたが、今後もさらに走り続けるつもり。(兵)のブログを楽しんでくださった皆さんにも感謝いたします。

皆さんの今後に幸せあれ!
定年とマラソン
5月で定年退職することになった。30年勤めたがあっという間だった。県内外のたくさんの皆さんにお世話になった。今後については乞うご期待といったところ。

ただし今後も定年にならないのがマラソン。5月27日には岩手県西和賀町で錦秋湖マラソン大会に出場する。練習不足でどうなるか。こちらのほうは今後さらに力を入れる予定。
 
仕事もマラソンも走り続けてきた感じだが、今後は今までできなかった社会活動に力を入れたいと思っている。


アケビの花

我が家の庭に昨年植えたアケビに花が咲きました。

アケビは三つ葉と五つ葉がありますが、我が家のアケビは三つ葉です。違う葉の木を植えないと実がならないということでしたので、どうしようかと思っていたのですが、うれしいことにそのままでも今年花が咲きました。とっても可憐な花です。

紫の大きい花が雌で白い小さな花が雄だそうです。1本の木に雄と雌の花がいっしょに咲くとは驚きでした。今年は実がなるのが楽しみです。
心に沁みるシフォンケーキ
 

自家製のあきたこまち米でつくったシフォンケーキとココナッツとパイナップルでつくったアイスクリームのセット。
 
人間が生き返るように元気になるケーキです。つくり手の素材を大事にする思いがケーキに表れています。なんてったってお米も店主自身で作っているこだわりには脱帽します。

※来週5月11日号の週刊アキタで詳しく紹介します。
「ボーイズライフ」を知っていますか
私が中学生の時に買っていたのが「ボーイズライフ」という雑誌。少年向けの雑誌なのに垢抜けた雑誌で大好きだった。ベトナム戦争とはどういうことなのかなど社会問題も扱っていた。漫画も子どもにこびていなかった。現実の社会とはこういうことなのかとワクワクしながら子どもながらに考える事ができた。ところが途中で廃刊になってしまった。

私は小学校の時は「少年マガジン」が大好きだった。その後発刊された「少年サンデー」や「少年キング」「少年チャンピオン」はその亜流だと思っていた。ギャグが中心でもの足りなかった。そこで見つけたのが「ボーイズライフ」だった。その後「平凡パンチ」「朝日ジャーナル」と変遷した。

「週刊アキタ」も今の若者たちにどこかで希望や夢を与え、ずっと心に残る新聞になればと思っている。

参考資料:君は「ボーイズライフ」を読んでいたか「模型探偵団」
http://blogs.yahoo.co.jp/mokeitanteidan/57211644.html